志 野

 

桃山より江戸初期に茶道具、懐石料理道具として焼かれた焼物で、胎土は美濃 特有の百草土を使い文様は鉄錆で簡素に書いて、釉薬にはカリ長石を施した我が国 で最初に焼かれた白い焼物です。

また、その逆に文様部分が白く抜かれ、背景を鉄錆で染められた物を鼠志野と 呼んでいます。 志野は基本的に志野と鼠志野の二種類しか有りません。

鼠志野は概ね鼠色に見えるので、この名が付けられたものですが、単に色の事 を言ったものでは無く、技法を言ったもので、志野が陽に対し鼠志野は陰と言 う事で、陰陽の違いのことです。

(轆轤の造りを書体で表せば、概ね行書体と言ったところうの崩しです)

 

詳 細
目 次

 

志 野
織 部
黄瀬戸
瀬戸黒
美濃伊賀
美濃唐津