瀬戸黒

 

瀬戸黒は桃山期に焼かれた総黒の焼物です。

その技法は織部黒、黒織部と同様 で、焼成中に釉薬の溶け具合を見計らい、窯内より長い金具を使用して引き出 し急冷させて、鉄釉を漆黒色に仕上げた焼物です。

瀬戸黒にはその技法上、作品の大きさに制約が有るのと、漆黒茶碗が茶人に最 も好まれた為、瀬戸黒は殆ど茶碗にしか有りません。

瀬戸黒はその技法上から引出黒、又は、天正年間より造られたとの事から、天 正黒とも言われています。

(轆轤の造りを書体で表せば、楷書と行書の中間の崩しと言ったところです)

 





 
深夜に瀬戸黒が生まれた瞬間

 
詳 細
目 次

 

志 野
織 部
黄瀬戸
瀬戸黒
美濃伊賀
美濃唐津