織 部

 

焼物で言う織部とは、武将であり茶人として利休の弟子でもあった、古田織部 正重然の好みの意匠を持った焼物を総称して言ったものです。

従って、織部の好みを持っていれば焼物の色には関係なく、緑でも黒でも白で も赤でも全て織部と成ります。またそれとは反対に、緑釉が掛かっていても織 部の好みと言われる意匠が無ければ、織部と言えない焼物です。

すなわち緑釉陶器が、即、織部に成る訳では無いと言う事です。

(轆轤の造りを書体で表せば、概ね草書体の崩し方です)

 

詳 細
目 次
 
志 野
織 部
黄瀬戸
瀬戸黒
美濃伊賀
美濃唐津