美濃伊賀

 

 

美濃伊賀は桃山期に織部などと共に美濃で焼かれた、一見して伊賀風の意匠を 持った焼物を言います。

(轆轤の造りを書体で表せば、概ね草書体のくずしです)

 

詳 細
目 次

 

志 野
織 部
黄瀬戸
瀬戸黒
美濃伊賀
美濃唐津