黄瀬戸
 

 

 

黄瀬戸は桃山期の美意識の中で金属器を意識した器形に、樹木の灰を主とした 釉薬で黄金器を狙った、美濃桃山陶で屈指の困難な焼物です。

轆轤は金器、銅器、唐金など金属的で、左右対称な歪の無い端正な造りと成っ て居ます。 文様は金属と同様に彫り又は、押し型文で其処に筆で銅や鉄を打ちなぞってあ ります。

これは正に、金属器における彫金象嵌の要素を取り入れた様式と思われます。

(轆轤の造りを書体で表せば、全く崩さない楷書と言ったものです)

 

詳 細
目 次

 

志 野
織 部
黄瀬戸
瀬戸黒
美濃伊賀
美濃唐津